日本ユニセフ協会は、主に募金・寄付を通じて世界各国の支援を必要とする人々へ支援活動を行っています。募金はクレジットカードや銀行振込等現金でのやり取りになっていますが、日本ユニセフ協会ではユニセフ支援ギフトによる支援も受け付けています。募金と言えば、実際に日本ユニセフ協会でも支援の多くがお金による寄付によるものが多いですし、お金を寄付するイメージがありますが、それ以外に物を寄付するという方法もあります。

ユニセフ支援ギフトについて

ユニセフ支援ギフトは、支援物資をギフトとして発展途上国の子どもたちにプレゼントする支援方法です。現金を募金したり寄付するのではなく、日本ユニセフ協会のサイト上で紹介されているギフトを購入し、支援物資を送る点が特徴です。購入したユニセフ支援ギフトは、日本ユニセフ協会からユニセフ物資供給センターを通じ、世界中の子供達へ物資が送られます。物資として支援することが募金や寄付との違いです。

支援できるギフトの種類は様々ですが、子どものための知育玩具セットやノートなどの教育セット、はしかやポリオのワクチンなどのほか、テントや毛布なども取り扱っています。いずれも金額は異なりますが、支援したい物資を選べるようになっています。

「経口ポリオワクチン」の例

screenshot ユニセフ支援ギフト
[画像:www2.unicef.or.jp/card/sgift/sgifttop.html]

「経口ポリオワクチン」でこれは1セット(160回分)当たり3200円で、口から入れることができる使いやすいポリオワクチンとなっています。

他には、「はしかワクチン」もありますがこれは1セット(80回分)3200円で、これによって命を守ることができるようになるでしょう。ワクチンを入れるための「ワクチン用保冷箱」も必要で、1セット3箱となっていて、6600円にてユニセフ支援ギフト申込できます。また栄養をたくさん含んでいる「プランピー・ナッツ」も子どもたちを直接的に救うことになるのですが、1セット(150包)7100円になっています。

こういった実際に現場で活用されるものなどをユニセフ支援ギフトとして贈ることができ、用意されているものは他にも多数あり、「テント」「HIV/エイズ簡易診断キット」「箱の中の幼稚園」などもあるのが特徴でしょう。

日本ユニセフ協会のユニセフ支援ギフトの申込をしたいけれど流れがわからない…、詳細がよくわからないというケースもあるでしょう。日本ユニセフ協会の公式サイトに詳細が記載されているので参考にすることができますし、またそのページから実際に申込むことが可能となっています。

支援活動に気軽に参加できる

日本ユニセフ協会の支援活動を応援することによって、少しでも多くの子どもを助けることができます。募金や寄付といった方法によって活動を支援することができますが、実はそれ以外の形で協力することが可能なのです。

例えばユニセフ支援ギフトに申込ということでも貢献することができます。これは実際に贈る品物を自分で指定することが可能です。ですから、自らの意見を反映させた形で支援に携わることができますし、一般的な募金以上に深く様々な問題にかかわることができるので、世界中で苦しんでいる子どもたちの現状について理解できそうです。

ユニセフ支援ギフトは一般的なネットショッピングのような感覚で利用することができます。支援したい物資とセット数を選び、カートに入れてレジで決済する仕組みのため、手続自体は非常に簡単です。募金よりも手軽な支援手段とも言えますが、支援額を指定したい場合は通常の募金・寄付を利用すると良いのかもしれません。

なお、ユニセフ支援ギフトを利用後はお礼カードが自宅へ送付されます。お礼のカードは送った支援物資一つにつき1枚送付されるそうです。世界中には誰かの支援を必要とする子どもたちが多くいます。直接現金を募金・寄付することも支援の一つですが、場合によってはユニセフ支援ギフトを使ってみると良いでしょう。

日本ユニセフ協会の公式サイトで申し込み

申込の流れは、まず「日本ユニセフ協会」の公式サイトにアクセスをして「ユニセフ支援ギフト」のページを開きます。すると「ユニセフ支援ギフトを見てみる」という部分が出てくるのでそれをクリックすると、実際に贈ることができるギフト一覧が表示されます。今現在16種類のギフトが用意されています。

気になったギフトがあるとその部分をクリックするとギフトの写真や詳細説明を見ることができ、贈りたいと思ったギフトの詳細ページにて申込をするセット数を入力して「カートに入れる」をクリックします。

複数の種類のギフトを選んで贈ることができますから、通常のネットショップで買い物をする要領でカートに入れていき、これでOKだと思ったら「レジへすすむ」をクリックして具体的な手続きを開始します。オンライン登録をしていてIDがある場合はログインをして初めての場合は必要事項を入力して画面の指示に沿って進んでいくと完了します。

まとめ

ユニセフ支援ギフトの申込と同時に日本ユニセフ協会に募金をすることもできます。申込の流れは意外と簡単で通常の買い物感覚で行うことができるでしょう。私はあまりお金がないので、出来る限りの事しかできないけど、少しは役に立つ事ができれば良いなと思いました。