日本ユニセフ協会は、主に募金・寄付を通じて世界各国の支援を必要とする人々へ支援活動を行っています。募金はクレジットカードや銀行振込等現金でのやり取りになっていますが、日本ユニセフ協会ではユニセフ支援ギフトによる支援も受け付けています。募金と言えば、実際に日本ユニセフ協会でも支援の多くがお金による寄付によるものが多いですし、お金を寄付するイメージがありますが、それ以外に物を寄付するという方法もあります。

ユニセフ支援ギフトについて

ユニセフ支援ギフトは、支援物資をギフトとして発展途上国の子どもたちにプレゼントする支援方法です。現金を募金したり寄付するのではなく、日本ユニセフ協会のサイト上で紹介されているギフトを購入し、支援物資を送る点が特徴です。購入したユニセフ支援ギフトは、日本ユニセフ協会からユニセフ物資供給センターを通じ、世界中の子供達へ物資が送られます。物資として支援することが募金や寄付との違いです。

支援できるギフトの種類は様々ですが、子どものための知育玩具セットやノートなどの教育セット、はしかやポリオのワクチンなどのほか、テントや毛布なども取り扱っています。いずれも金額は異なりますが、支援したい物資を選べるようになっていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

支援活動に気軽に参加できる

ユニセフ支援ギフトは一般的なネットショッピングのような感覚で利用することができます。支援したい物資とセット数を選び、カートに入れてレジで決済する仕組みのため、手続自体は非常に簡単です。募金よりも手軽な支援手段とも言えますが、支援額を指定したい場合は通常の募金・寄付を利用すると良いのかもしれません。

なお、ユニセフ支援ギフトを利用後はお礼カードが自宅へ送付されます。お礼のカードは送った支援物資一つにつき1枚送付されるそうです。世界中には誰かの支援を必要とする子どもたちが多くいます。直接現金を募金・寄付することも支援の一つですが、場合によってはユニセフ支援ギフトを使ってみると良いでしょう。