日本ユニセフについて調べてみました。

日本ユニセフについて「名前は聞くけど、、、」実際の活動は?くわしく調べてみました。

日本ユニセフ協会が行っている募金は何に使われている?

time 2017/07/25

日本ユニセフ協会が行っている募金は何に使われている?

ユニセフについて真っ先に思い浮かんだのは募金を行っている団体というイメージだったので、その募金で集まったお金が何に使われているのか、そしてどんな活動に繋がっているのかをまとめてみたいと思います。

ユニセフの国内委員会である日本ユニセフ協会では、多くの人達からに募金や寄付を集めておりますが、そこで集まったお金はユニセフや日本ユニセフ協会での様々な支援活動で使われています。具体的にどのような活動のために使われているのかわからないと募金しづらい…という声もあるかもしれませんが、日本ユニセフ協会はそれを公表しています。

募金の種類としては、主にユニセフ募金やユニセフ支援ギフト、災害時の緊急支援受付、企業や学校による支援等があります。
例えば、支援物資として使われているものですと、子どもたちの教育に関係するものや、予防接種の為のもの、薬や栄養となるものにも使われてます。

日本では考えられませんが、海外の国の中では、学校に通うことが出来ないケースや、医療技術不足や病院不足、医師不足などによって満足に治療が受けられないケースも多いですし、食事すらしっかりと摂取することができず、結果的に重度の栄養不良状態に陥っている子がたくさんいるようです。日本ユニセフ協会が行っている募金は、そういったことで苦しんでいる子を助けるためにも使われています。

他には、ユニセフでは年間28億回分のワクチンを子どもたちに提供していますが、それにも募金が使われています。ワクチンを接種することによって病気にならずに済むケースも多く、健康的に生きることができる可能性が増すとの事です。日々の生活すら満足に送れない状態の国もあるため、かなり多くの命が救われているのではないでしょうか。こういった世界各国の子どものために活動ができるのは、募金や寄付のおかげでもあります。

他にも、水に関する支援をしているのも、ユニセフの特徴 といえるでしょう。日本以外の国では水道水を直接飲むことはNGといわれることも多いようですし、国によっては綺麗な水を買うことができない…という例もあり、泣く泣く汚い水を飲んでいるというケースもあるようです。しかし、それでは悪い病気にかかってしまいますから、日本ユニセフ協会が行っている募金を使って安全な水を飲むことができるような取り組みをしています。

これら以外にも、子どもをターゲットにした支援活動を多種多様行っているのが日本ユニセフ協会の特徴なのですが、マンスリーサポート・プログラムやユニセフ募金などといった方法で募金をすることによって、世界中の困っている子どもを幸せにすることができるでしょう。マンスリーサポート・プログラムについては、別の記事でまた紹介したいと思います。

また、何らかの災害などがあった際にも手助けをしていますが、これにも日本ユニセフ協会が行っている募金が使われていて、アフリカの干ばつ災害、シリアにいる子を救うためのものなど、いろいろあります。

募金の際には種類を選ぶことができるため、例えば「エイズで苦しむ子どもを助けたい」と思った際には、それに該当する募金を選択することによって、自分が希望する支援活動に協力することができます。

日本ユニセフ協会が行っている募金活動はあらゆるところで見かけると思いますが、現代日本では想像すらできないような状況に置かれている世界の子どもを救うための手段として活用されています。紹介しきれないくらい数多くの取り組みを行っているのですね。

募金って何に使われているのかよくわからないところがありますが、世界中の子どもたちに届くようにしっかりと使われているようですね。でも、まだ分からないところもあるので、もっと調べてみようと思います。

down

コメントする