給食が導入されている小学校・中学校では、「全国学校給食週間」という制度が実施されています。この制度が実施された背景や、その目的についてご紹介しましょう。

全国学校給食週間の目的

全国学校給食週間は毎年1月24日から30日までの一週間を定めています。この制度は学校給食の意義や役割について、理解と関心を深めることを目的にしています。対象となるは児童生徒だけではなく、学校で働く教職員や生徒の保護者、地域住民にも向けられています。

期間中は各県で様々な取り組みが行われ、作文コンクールやリクエストメニューの考案、食育に関する公演などが実施されています。さらに、学校給食では地元の産物を活用した献立や、郷土料理などの特別献立を振る舞う学校も多く見られます。

参考:全国学校給食週間について

全国学校給食週間がスタートした背景

日本で学校給食が始まったのは明治22年頃で、全国各地に広まっていきましたが、戦争などの影響で中断されてしまいます。戦後は食糧難で子どもが栄養失調に陥ることが問題となり、学校給食再開の声が広まりました。

昭和21年6月、アメリカのアジア救済公認団体(LARA)が日本に給食用物資を寄贈したことをきっかけに、昭和22年1月から東京・神奈川・千葉で試験的に学校給食が再開されます。その際、東京都内で同年12月24日に贈呈式が行われ、その日を「学校給食感謝の日」と定めます。

しかし、この時期は学校の冬休みと重なってしまうことが問題でした。そこで、昭和25年度から食育促進の観点から時期をずらし、1月24日から30日まで間を全国学校給食週間と位置付けたのです。

学校給食から分かる食事の重要性

日本の食生活に関わる環境は大きく変化しており、偏った食事や肥満傾向など様々な問題に直面しています。これらの問題は健康状態に悪影響を及ぼしかねず、子どもの成長にも深く関わります。学校給食はバランスを重視しつつ、子ども達が満足できる献立を建てられていることが特徴的です。普段何気なく口にしているものですが、学校給食は食に対する正しい知識や習慣を身に付ける上で大切な役割を持っています。

昔から存在する全国学校給食週間は、食糧難に陥った時代にLARAからの支援で学校給食が再開されたことをきっかけに誕生しました。偏った食事になりやすい時代だからこそ、学校給食を通じた食育は子どものために重要だと考えます。全国学校給食週間中に学校給食や自身の食生活のあり方を、一度深く考えてみてはいかがでしょうか。