日本ユニセフ協会は「世界子どもの日(11月20日)」に、「子どもの権利とスポーツの原則」を発表しました。子どもにとってスポーツは健全な発達と成長に欠かせないものです。日本ユニセフ協会は子どもが安心してスポーツに取り組める環境を実現する取り組みを開始しました。

具体的にどんな取り組みなのか、「子どもの権利とスポーツの原則」についてご紹介しましょう。

子供の健全な成長を支える社会に向けた「子どもの権利とスポーツの原則」

子どもの体や心の成長には遊びやスポーツが欠かせません。多くの国と地域が締約する「子どもの権利条約」においても、国、民族、性別、障害の有無に関係なく、遊びやスポーツ、休息の権利を認定しています。ただ、世界中で暴力的な指導や、子どもの成長に配慮がない厳しいトレーニングが行われているのが現実です。

参考:スポーツ界の「暴力・パワハラ」体質を変えるには

成長を促すスポーツが子どもにとって負担となってしまえば意味がありません。そこで日本ユニセフ協会は国内外の専門家の協力を得て、行動指針として「子どもの権利とスポーツの原則」を発表しました。
「子どもの権利とスポーツの原則」ではスポーツに関わる全ての人々に向けて、子どもの発達・成長に良い影響を与えるスポーツ環境の構築実現を呼びかけています。特設サイトが開設されており、「子どもの権利とスポーツの原則」の原文・開設を閲覧することが可能です。

参考:子どもの権利とスポーツの原則特設サイト

「子どもの権利とスポーツの原則」発表イベント

2018年11月20日にユニセフハウスで開催されたイベントでは、元オリンピック選手でもある鈴木大地スポーツ庁長官の祝辞や、3人のアスリートによるメッセージが読み上げられました。

参照:子どもの権利とスポーツの原則発表イベント

「子どもの権利とスポーツの原則」を支持する団体・企業

2018年10月の時点で、「子どもの権利とスポーツの原則」にはたくさんの団体や企業が賛同しています。例えば、日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、日本パラリンピック委員会、日本オリンピック委員会などの名前が挙がっています。

日本は2020年に東京オリンピックが開催されるので、国内ではスポーツに関しての関心が高まっています。そのような中、スポーツに関する良いニュースだけではなく、悪いニュースも明るみになってきました。悪いニュースは日本だけではなく、海外でも少しずつ実態が明らかになっています。

こちらの指針についてはニュースでも多く取り上げられていました。日本はオリンピックの開催が決まってからスポーツに対して関心が強まっているので、「子どもの権利とスポーツの原則」は非常に注目される取り組みでしょう。