日本ユニセフ協会が用意している仕組みの中には、遺産を活用したものがあります。「ユニセフ遺産寄付プログラム」という制度ですが、これにより被相続人が所有していた財産から、日本ユニセフ協会に対して寄付ができるのです。一般的な募金や寄付とは違い、遺贈や相続財産を活用した社会貢献が可能となります。

遺産寄付プログラムの特徴

遺贈の場合には被相続人自身が生前に寄付をする旨を遺言書にしたためることにより実現でき、被相続人の死後に無事寄付が行われる仕組みとなっています。自らの所有財産を相続人に対してだけに使うのではなく、ユニセフ遺産寄付プログラムの活用によって、より価値ある使い方ができます。人によっては身内にあまり財産を残したくない…という人も見られるみたいですが、そんな際にはこの寄付プログラムも活用するものよいかもしれませんね。遺贈によって海外の子どもたちの役に立つことができるので、大勢の人に知ってほしいです。

遺贈だけではなくて、被相続人から相続人が受け継いだ財産を寄付することもできます。このケースであれば被相続人の意思は介在していませんが、すでに法定相続人に財産が受け継がれているため問題なく相続財産を活用した寄付ができるでしょう。

被相続人から相続人が遺産を相続した際には、基礎控除を超える分に関しては当然相続税がかかってきます。ですが寄付した分に関しては相続税が課税されませんので、賢く節税でき、さらに世の中に貢献できます。相続した財産の使用用途は人によってさまざま異なりますが、ユニセフ遺産寄付プログラムを利用した寄付であれば、きっと被相続人も喜んでくれるでしょう。

社会貢献の方法として

またこれらに類した寄付制度には、お香典・御花料によるものもあります。お香典や御花料に対するお返しとして寄付をする制度です。相続は身内の中でのもめ事が発生する大きな要因となりますから、あらかじめ被相続人が遺贈する姿勢を見せることも大事ですね。

もちろんその際には法律的に正当性のある遺言書を作ることが重要です。特に遺言書の作成が重要視されますので、専門家にアドバイスをもらうべきでしょう。ユニセフ遺産寄付プログラムは、日本ユニセフ協会の支援活動に貢献しているようですね。