日本ユニセフ協会が行っている募金による支援活動や、日本各地におけるイベント、さらに多種多様な活動を支えているのが日本ユニセフ協会協定地域組織です。これは日本全国にあるもので、現時点で26の日本ユニセフ協会協定地域組織が存在しています。北は北海道から南は鹿児島まであり、日本ユニセフ協会の公式サイト上でそれぞれの公式サイトを見ることができます。

こちらは、日本ユニセフ協会に協力をしているだけではなく、双方が協力協定を結ぶことによって成り立っています。日本各地で数多くの募金による活動などを行っていますが、実際に募金を集めるための活動は簡単ではありません。今でこそオンライン上で募金をできるシステムも整いましたが、やはり街角における募金活動も大切な存在です。その他にも行うべき業務は多々あり、これらの協力も行うのが協会協定地域組織なのです。

地域別でみると、

・北海道には、1ヶ所。
・東北地方には、岩手県と宮城県、福島県の合計3ヶ所。
・関東地方には、茨城県と埼玉県、千葉県、神奈川県の合計4ヶ所。
・中部北陸地方には、岐阜県と石川県、三重県の合計3ヶ所。
・近畿地方には、奈良県と大阪府、京都府(綾部市)、兵庫県の合計4か所。
・中国地方には、鳥取県と岡山県、広島県、山口県の合計4ヶ所。
・四国地方には、香川県と愛媛県の合計2ヶ所。
・九州地方に至っては、福岡県(久留米市)と佐賀県、熊本県、宮崎県、
 鹿児島県の合計5ヶ所に協定地域組織が設けられています。

日本各地に存在しているため、例えば都市部以外における活動も行いやすくなっています。日本ユニセフ協会が持っている実績やノウハウに加えて、上記のような全国各地にある協会地域組織がより活動の幅を拡げているのでしょう。実際にこれらの協定地域組織との協力により、日本ユニセフ協会は各地でイベントが開催されています。それぞれの日本ユニセフ協会協定地域組織が地域で活動をしていることもあり、日本ユニセフ協会にかかわるすべての団体が多くの支援活動ができているのでしょう。